IntegriCultureロゴ_横組み_シンボル大.png

細胞農業について

1.png
2.png

scroll

細胞培養による新しい農業

細胞農業とは、動物細胞を体外で培養・増殖させることにより、本来の生産方法で作られる肉や乳製品などと、全く同じものを作り出すことができる新しい生産方法です。さらに動物・植物だけでなく魚や卵なども培養して生産することができます。この新しい生産方法SDGsの観点から世界でも、注目されており、今、急速に発展している技術です。インテグリカルチャーは、この細胞農業を軸とした事業展開をしています。

従来の生産方法と細胞農業の違い

従来の生産方法

2.png

飼育する(生産農家)

3.png

と畜場

5.png
4.png

​食肉加工会社

飼育のために資源(土地・水・餌など)が

必要。生育コスト、環境負荷がかかる。

飼育する(生産農家)

細胞農業

6.png
5.png

細胞を採取

7.png
9.png

培養する

10.png

バイオリアクターで大量培養

動物の命を奪うことなく生産できるため

生育コストが低く、資源への環境負荷が

かからない。

生産による環境負荷

環境負荷の割合(%)

エネルギー使用量

17.png

鶏・鴨・ガチョウ

細胞培養による

​培養肉

16.png

温室効果ガス排出量

18.png
14.png

鶏・鴨・ガチョウ

細胞培養による

​培養肉

土地使用量

20.png
13.png

鶏・鴨・ガチョウ

細胞培養による

​培養肉

水使用量

19.png
15.png

鶏・鴨・ガチョウ

細胞培養による

​培養肉

Source: Tuomisto 2011, University of Oxford  

さらにスゴい!インテグリーカルチャーの細胞培養技術

ホルモンと同じ働き

36.png
22.png

肝臓

体内を再現した細胞培養システムの開発に成功!

23.png

一般的な培養技術では、できなかった
大幅なコスト​ダウンを可能に。
大量製造
と低コストを実現します。

膵臓

11.png

CulNet System(カルネットシステム)

臓器同士が血管によりつながれ
細胞成長をすることをシステムで再現

このシステムをプラットホームに、

細胞培養を使う製品の商用サポート

や共同開発をおこないます。

(特許6111510号)

26.png

CulNet System(カルネットシステム)だから、できること

35.png

コスメ

29.png

皮革

5.png

食品

32.png

医薬品

食品だけでなく、コスメ、皮革、医薬品など幅広く応用することができ、細胞農業のさらなる可能性を広げていきます。

CulNet System(カルネットシステム)が目指す未来

新しい農業生産技術で、世界の食料問題を解決する

どんな場所でも(宇宙空間でも)、誰でもが自由に、細胞培養技術を使うことができる